膣への愛撫

理系男子

クリトリスはあまりにも敏感な部分で誰でも簡単に女性をオーガズムへと導くことができます。
一方で、神経がたくさん集まっているためずっと触っていると疲れちゃうんですね。

そして膣でもイケるようになると、クリトリスでの絶頂はお遊びだったということに気がつきます。

理系男子

まず大前提ですが、膣の中でいくためにはすべてのSEXエネルギーが膣に集中していなくてはいけません。

エネルギーが貯まると女性器の形が変わります。

Gスポットは指で簡単に触れますが、本当に気持ちのいい場所であるポルチオは女性器の形が変わって少し膣側に降りてきていないと男性器で押せないのです。

膣の中でオーガズムを迎えさせるとは、それまでの愛撫の集大成なわけですね。

ポルチオでオーガズムを迎えた女性はその快楽から貴方の虜になります。
普段はキレイな女性がヨダレを垂らしながらイキまくる。
想像出来ますか!!

大丈夫。練習すれば誰でもできるようになります!



理系男子

まずはGスポットを探しましょう。

女性には仰向けに寝てもらって足を開いてもらいます。

男性は手のひらが上になるように、中指か人差し指1本を伸ばします。
何本も入れる人がいますが意味ない上に痛いだけです。

この時、指を少し曲げながら指の先端から第一関節くらいまでを膣の上側に押し当てます。

膣の入り口から2〜3センチ位のとこだけ少し感覚が違う部分があるんですね。
これがGスポットです!

ここもAVの影響か、激しく動かして当てている人がいますが間違いですよ!!

ゆっくり、スローテンポでトントントンと言った感じで叩くのが正解です。
強く触る必要はありません。

理系男子

指でイカすのが目的ではなく、これから男性器を入れるための準備体操です。

潮吹きはこのGスポットを激しく突くことで出来ますが、痛いだけの場合もあります。
そして大して気持ちよくないので、こんなことでエネルギーを使っちゃうのはもったいないです。

ゆっくりトントントンと叩いてあげて下さい。

理系男子

ポルチオの場所ですが、このGスポットの先にあります。

Gスポットはザラザラしている感じなのですが、そこをそのまま進むとツルッとしたところが奥にあると思います。

ツルツルした奥にちっちゃな突起があるのですが、突起が子宮口です。
その2センチくらい手前までがポルチオ性感帯と呼ばれている部分ですね。

ここもゆっくり丁寧にトントントンと触ってあげて下さい。
これから貴方の男性器が入る準備体操です。

焦らず、女性器に男性が入った時にびっくりしないようにほぐしてあげましょうね。

理系男子

ここでようやく挿入へと準備が整ったことになります。

私はここまで1時間はかけてます。

女性の気の質はと言われています。
温まるのは非常に時間がかかりますが冷えるのも時間がかかります。

そしてエネルギーは貯めれば貯めるほど、爆発した時の快感も高まります。

男性だって、乱れまくっている女性に射精するほうが数十倍も気持ちいいですよ。

そしてここからが正念場。

彼女と一緒になりましょう!

次へ