鯛ラバのタックル

タックルですが、この釣りはタイが鯛ラバをガツガツ食べて最後に針を食べてしまいあわてて反転したところで針がかりする。

そんな釣りになります。

ですので最初のガツガツしているときは魚に違和感を感じさせたくなく、その後魚が反転した時にはガッチリとロックさせたいわけですね。


現在はタイラバは非常に人気のある釣りになりましたので専用の竿もいっぱいあります。

お金に余裕のある方はやはり専用の竿を購入されるのが一番良いと思います。
お勧めはシマノ炎月ですね。

【送料無料】【SHIMANO / シマノ】ゲーム炎月 B66ML 鯛ラバ ロッド

価格:28,500円
(2013/8/16 16:31時点)
感想(0件)



シマノは開発力がすごいみたいで、たまに借りて使用するたびに欲しくなる素晴らしい性能です。

あとはジャイアントキリングなんかは値段の割に非常にいい仕事しますよ。

【送料無料】メジャークラフト ジャイアントキリング タイラバモデル GKJ−B63M/TR【SMTB】

価格:14,280円
(2013/8/16 16:32時点)
感想(1件)



ただ、私はスロージギングとインチクとタイラバを1本の竿でやりたいタイプの人です。

タックルに湯水のようにお金かけるくらいなら3D魚探を買ったほうが釣れますからね(笑)もしくは釣行回数を増やしたほうが大物と出会える確率は高まると思っています。


だから私がおすすめするのはOlympicが出しているヌーボパグロです。 

オリムピック グラファイトリーダー ヌーヴォパグロ GSONPS-64UL (G08357)



まず信頼の Mede In Japan であること。

次に、ライトジギング、140gまでのインチク、タイラバに使用できること。

ガイドにいい素材を使用していて、PEラインが絡みにくいこと。

最後に、8キロの真鯛をこの竿で釣りましたがパワー負けすることなく釣り上げたこと。

1号以下のPEを使えば、前あたりから取れる事。(魚が近くに来たのが感じられます)

赤くてカッコいいしね(゜-゜)

参考にしてみてくださいね!

画像


実際にタイラバやっていると外道として青物がよく釣れます。

たぶん、何年もやってて10キロ近いブリを釣ったことないって人はかかってはいるけど逃げられちゃっていると思うんですよね。

私はこのくらいパワーのある竿で、PE1.2号の20ポンド位のリーダーで確実に釣り上げたい派なんです!

10キロの鯛も釣りあげたいんです!!

この竿で針がかりはまったく問題なくしているので、竿先の硬さも問題なさそうですよ^^


画像

リールですが、この釣りで一番大事なことは着底したら0.1秒でも早くリールのクラッチを戻して巻き上げを開始する事です。

これがテクニックの90%と言っても過言ではないって位重要です。

鯛は落ちていくタイラバをジーとみてるんですね。で、着底してしばらく動かないと
「石かぁ・・」って一気に興味を無くします。

しかしここですぐに巻き上げを開始すると、興味が続いたままガツガツと食いついてくるんですね。

ですので、リールは巻き上げに有利なベイトリールが必要です。


落ちていくときから親指でサミングしてください。そして着底するかなってタイミングでハンドル握っておいて着底を確認次第即巻き上げ開始です。

基本的には一日中巻く釣りなのである程度パワーがあり、なるべく軽いリールが一番ですね!

私はオシアカルカッタの300番HGを使用していますが、ハンドルを変えるなら200番のHGでもよいと思います。

≪新商品!≫ シマノ ’13 オシアカルカッタ 300HG 右

価格:27,435円
(2013/8/16 16:39時点)


シマノ オシアカルカッタ 200HG〔右〕

価格:26,800円
(2013/8/16 16:39時点)



タイラバ専用で使用するのであれば炎月BBなんかも良いですね^^

シマノ 10炎月BB−HG

価格:18,375円
(2013/8/16 16:40時点)



ちなみに・・ダイワから新しくタイラバの新シリーズが発売されましたね。紅牙といいます。

少し期待したのですが、製造がベトナムと中国なのかな? 実物はやはり弱そうに感じました。

ブラックバスとかシーバスなら強度なんて気にしませんが、青物のパワーではね・・

5年ほど前からすっかりシマノ党へ鞍替えしたままです。ダイワは本当にどうしたのかなぁ・・

ルアーも随分買ってるけど、全部1軍入りしないんですよね。ダイワとシマノで競い合ってほしいから頑張ってほしいのになぁ。

鯛ラバの次の項目へ