インチクのタックル

インチクのタックルですが鯛ラバ程は人気が無いため専用ロッドの数は非常に少なくなります。

釣り自体としては、ある程度の速度(1秒辺り1.5メートル位)を巻き上げして来るだけの釣りなので特に求める性能は細かくありません。

やはりよく出来ているなと思うのはシマノ製の専用ロッドですね。

【送料無料】【SHIMANO / シマノ】ゲーム炎月 S76L キャスティング対応スピニングモデル 鯛ラバ ロッド

価格:31,200円
(2013/8/19 13:32時点)


コレなら、インチクと鯛ラバ両方できるのでいいとおもいますよ^^

ただ、実際にはそんなに竿に頼るような釣りではないのでライトジギングの竿を流用したほうが安いしラインナップが多いと思います。

私はスロージギングとインチクとタイラバを1本の竿でやりたいタイプの人です。

タックルに湯水のようにお金かけるくらいなら3D魚探を買ったほうが釣れますからね(笑)もしくは釣行回数を増やしたほうが大物と出会える確率は高まると思っています。


そんな私がおすすめするのはOlympicが出しているヌーボパグロです。

オリムピック グラファイトリーダー ヌーヴォパグロ GSONPS-64UL (G08357)

 

まず信頼の Mede In Japan であること。

次に、ライトジギング、140gまでのインチク、タイラバに使用できること。

ガイドにいい素材を使用していて、PEラインが絡みにくいこと。

最後に、8キロの真鯛をこの竿で釣りましたがパワー負けすることなく釣り上げたこと。

1号以下のPEを使えば、前あたりから取れる事。(魚が近くに来たのが感じられます)


インチクは元々、漁師さんがびしを打った糸を手製のウインチみたいな機械で釣っていた漁具です。
魚があたってきた時も、鯛ラバのように繊細さは必要とせず当たったらガツンと合わせるだけなので非常に簡単です。

竿などにお金をかけても釣果は上がりませんから、無駄な投資はしないでくださいね!!


画像

リールは竿よりは気にします。

インチクは水深+50g(水深が50メートルならば100g)の重さを使用するといいと言われています。

これによりかなり潮の早いエリアでも問題なく攻めることが可能になりました。

ただ、この釣りは一日中巻き上げて、落としてを繰り返します。結構疲れるんですよ;;

まずベイトリールが必ず必要です。そして、巻き上げ能力が高いリールである必要ですね〜。

オススメはオシアジガー 1500番

【シマノ】オシアジガー 1500HG【メーカー希望小売価格の30%OFF!!】

価格:34,545円
(2013/8/19 13:56時点)
感想(3件)



他の釣りとの共存を考えると、オシアカルカッタ 300番HG

≪新商品!≫ シマノ ’13 オシアカルカッタ 300HG 右

価格:27,435円
(2013/8/19 13:57時点)
感想(0件)



このあたりなら青物がきても1発で壊れるということもない頑丈さも備えています!

竿とリール、是非参考にしてみてくださいね(^^)b

インチクの次の項目へ