一つテンヤとは

正確には海老を使用するためルアーではありません。



ただ、漁師さんが使用していた漁具から派生していることもありエサ釣りファンでもルアーファンでも抵抗なく始めることが出来る釣法として近年、どんどん人口が増えている釣り方です。

元々の仕掛けは、糸に何個かおもりを付けたビシ糸というものを作り、その先に小さなおもりに針を固定させて、海老を付けて底に送り込む仕掛けでした。

ビシ糸は全体としては重くなってしまう事と、釣り人が使用するリールでは巻き取りが出来なかったことからテンヤでの釣りは漁師さんのやり方と認識されていました。

しかし中には一般の釣り人向けに道具を開発していた船宿屋さんもあり、千葉県の金谷には
テバネと呼ばれる短い竿に糸をひっかける突起を作り仕掛けを外しながら釣る方法を何十年と釣り人に開放してきましたね。鏡屋さんなんかがとても有名です。

調べて見ると他にもテンヤの釣り方は各地であったみたいですね〜。





時代が変わり、PEラインの性能が上がってきたことで状況が一変します。

今までは糸が太かったため、おもりを打ったビシ糸を使用したのですがPE1号以下の細いラインならばテンヤを直接落とせることが分かってきました。

これにより一気にスピニングリール+軽めのテンヤという釣法が広がり、千葉県の大原の乗合船の釣果がずば抜けてよかった為、全国へと広がっていきました。




PEラインの性能はどんどん上がっており、鯛を対象にするならば0.6号のラインでもギリギリ釣り上げられるようになってきました。特にDUELのラインがお勧めです。

テンヤは3号から10号程度を使用しましが、これで60メートルライン程度まで攻められます!

コマセを使用しないことから釣れないのでは?というエサ釣りファンの方が多いのですが、コマセにつく真鯛とコマセは食べない真鯛がそれぞれいるんですね。

また、コマセ真鯛と一つテンヤでは狙うポイントが全く違います。

一つテンヤでは問題なく釣れる根でも、コマセの仕掛けではあっという間に根がかりしてしまうのです。

そして、カゴやクッションなどを使用しない一つテンヤの仕掛けで大型をかけると本当に面白いです!

もちろん、海老をつける釣り方なので鯛だけでなく根魚全体、青物も釣れます。

非常にシビアな操船コントロールに、竿さばきが必要になりますが極めれば一番釣れる釣法だと思いますよ!

色々と楽しんでいきましょう(・o・)b

一つテンヤの次の項目へ