一つテンヤのタックル

一つテンヤのタックルはジギングやインチク・鯛ラバと共有の道具を使用するのは難しいので、専用の道具を用意したほうが良いです。

まず、一つテンヤですが海域によって変わりますが3号程度の豆おもりから最大で12号程度までを扱う事になると思います。

PE0.6号で最小3号のおもりを落としますのでスピニングリールじゃないとフォールがスムーズにいかないためイライラしてしまうと思います。

お勧めは3000番以下のステラでしょう。

【25%OFF】シマノ 10 ステラ 2000 STELLA SHIMANO

価格:57,270円
(2013/8/20 11:38時点)


この釣りは、ドラグ性能が求められるのであまり安いリールはお勧めできません。

小さいサイズなのでそんなに高くないので、出来るだけドラグ性能がよいリールを用意してください!

画像

竿は探せば専用竿がたくさんあります!

求められる性能は、魚がえさを食い込んだ時に先端部分はぐにゃっと曲がって、魚がかかったらしっかりとしたやり取りができるパワーのあるバットがある竿が必要です。

やはり間違いが無いのはシマノ製でしょう。

シマノ(SHIMANO) 炎月 一つテンヤマダイ 240MH【smtb-ms】【釣具のポイント】

価格:23,153円
(2013/8/20 11:40時点)
感想(1件)



シマノはテストの回数が違いますね。今まで失敗したなって道具が無いので信頼できるメーカーです。

また、個人企業レベルの会社が5〜6万円の竿をよく出していますが、同じ程度の竿をシマノ製で買えば3万円程度です。

もちろんそれぞれ好みがありますので好きなものを使っていただくのが一番ですが、特に好みがなければシマノ製を購入しておけば間違いが無いと思いますよ!

尚、細い糸を使用する釣りなのでPEとリーダーを結ぶノットや、仕掛けとリーダーの結び、
自作するなら針とラインの結びには徹底的にこだわってください。

エサ釣り出身の人に良く見ますが電車結びの結束強度は40%程度です。

本来であれば1キロの重さに耐えるラインであったとしても、電車結びでは500gの重さで結び目から切れてしまいます。

ある程度の期間、一つテンヤをやっていれば必ず大物がかかります。

上級者でも初心者でも大物はかかります。しかし、初心者はラインが切れるなどが原因で魚を逃がしてしまっているんですね。

結束強度90%以上を毎回必ず出せるようにノットの練習をしましょうね!

いつか来る大物のために!(^^)!

一つテンヤの次の項目へ