一つテンヤ・エビの選び方

ルアーと違って一つテンヤは海老をつけますので、それ自体は特に高いものである必要はありません。

テンヤに限らず、マイボート派の私たちは ポイント=潮>>>仕掛け という大前提を忘れてはいけません。

その中でも色々な仕掛けのどれが良いのかは経験上いくつかあるので考えていきましょう。

秋

まずおもりの色ですが、何色でもいいよ!っていう方といろいろ変えてみたほうが良い!って意見とで大きく分かれます。

同じ日に、隣同士で私が自作したテンヤで私は鉛色を使用。同乗者には赤色などを基本に
様々な色を使用してもらいました。

この日は結局二人の釣果に差はなく、大体同じくらいの数のあたりが来ていたと思います。


また別の日に実験をしたのですが、この日は非常に潮が動かず渋い日でした。
結果は、色を付けている仕掛けを使っている同乗者の圧倒的勝利でした。

鯛ラバなどはカラーによってあたりの数が多少違うと思いますし、インチクは光ってないと釣れないと漁師さんが断言してました。

ですので多少はカラーによる差があると思ったほうが良さそうです。

瀬戸内などでは鯛には緑が良いとされており、釣り具メーカーなどは大体赤かオレンジを推奨しています。

漁師さんや釣り具メーカーは実験している量が私達とは全く段違いに多いですので素直に従ったほうが良さそうですね。

私はテンヤのカラーは基本は緑。
針がかりが悪いなというときは赤に変更するのを基本パターン
にしています。



画像

また、2キロ以上の鯛の口を見てみてみましょう〜。

すっごい歯がでこぼこしており硬いことが分かります。あそこにやわらかい竿で針を貫通させないといけないのです。

バラシが多い人は、この針がかりが出来ていないことが多いです。

テンヤの色はおまじない程度に効果があると予測されますが、いい針を使用しているかどうかは段違いの効果を生みます。

異常に安いテンヤは、針がダメなんですよね。

シマノなどから出ている良いものを購入するか、針を自分で選んで自作したほうが良いです!

自作なら300円くらいで作れると思います。

多少形が悪くてもあんまり関係ない釣りなので、時間がある方はどんどん自作してくださいね!

とにかく針にはこだわりましょう!


画像

最後にエサとなる海老です。

釣具屋さんに売っている海老はサイズが小さくて、高いのであまりお勧めできません。

沖縄・九州などで、人間用の車エビを頭付きで売っているお店がありますので探してみてください。ネットなら5店舗くらいはすぐに見つかると思います。

サイズは10センチから12センチが使いやすいと思うので、お店の表記ではSサイズ等になると思います。

釣具屋で売っている海老と違い、頭部分がなかなか外れないのであたりの数が倍増しますよ!魚は頭にバイトしてきますからね。

1000円で90匹くらいは入っていると思いますので値段もかなりお得です!(^^)!
慣れれば、毎回あたりのある釣りなのでファンの多い釣法です。

飽きないから子供にも最適です。頑張って覚えたい釣りですね^^

一つテンヤの次の項目へ