狙うポイント・操船方法

一つテンヤは、海老をつけている為、他のルアー釣りより魚のアタックは非常に多い釣りです。

ポイントはGPSを使用して地形の変化を探してください。
その時の潮の流れをよく見て、潮が当たる地形がどこなのかを考えます。

潮が当たり下から海面方向へと水流が発生する流れを湧昇流と呼びます。

この湧昇流に小魚が付くんですね。

湧昇中付近は潮が縦に回転するため、小魚はそこにいるだけでドンドンエサが流れてくる絶好の餌場になります。

そんな場所にテンヤを落としましょう!

雲海

ただし、テンヤは非常に軽いしかけを使用します。

10mにつき1号が基準で50mの水深であれば5号テンヤを使用するのが一般的です。

ですので、潮の流れが早いと底がとれずにいつの間にか餌だけ無くなってた・・なんて事になりかねません。

潮が動くところは魚が多いエリアなので、ラインを極限まで細くする、スパンカーを使用してきっちり潮に同期させるなど細かいテクニックが必要になります。

一つテンヤの釣りは仕掛けが真下に入るように操船しないと、あたりが取れません!

あたりが多いのは間違いないのですが、マイボート派としては操船技術も高く求められるので実は難しい釣りになります。



画像

ですので、慣れるまでは潮がガンガン流れるポイントから少し外れた潮が横方向に回っている・渦を巻いているポイントを探してください。

鯛はエサを探して一日の中でかなりの距離を移動していますので近くにさえテンヤを投入できていれば問題なく釣れます!

地形の変化をうまく利用して、釣りやすい場所を探してくださいね♪

あまり一般的ではありませんが、潮が速いときは12号などの大きなテンヤで確実に底取りして、1秒に0.5回転ほどの速度でリールを巻き上げる方法もあります。

これでも問題なく釣れますので、潮が速くて釣りにならないときは試してみてくださいね!
詳細は次のページで解説しています。


テンヤは意外と底取りがうまくできない等の基本的な部分がうまくいかずに手こずる事が多いです。

どうしても底取りがうまくいかないときは、重いテンヤに変更する、テンヤにこだわらずに鯛ラバ・インチクへの早期移行も考えてみてくださいね!

一つテンヤの次の項目へ