一つテンヤの動かし方

一つテンヤの基本的な使用方法は、軽いおもりでゆっくりと海老を海底まで落とし、竿の動きで1回しゃくる。

再びゆっくりと落ちていく一つテンヤに魚を食わせる釣法になります。

基本的にはフォール中に食べてもらう方法なので、テンヤの重さは軽ければ軽いほど釣果が上がると言われています。




目安としては、10メートルにつき1号のテンヤを使用するので50メートルならば5号のテンヤを使用します。

ベイトリールがダメなのは、ベイトだと軽すぎてスムーズに仕掛けが落ちていかないからなんですね。

ラインをフリーにして落としていくときは、必ずサミングをかけてください。

鯛が来ればラインが着底前に止まったり出されたりします。
アタリの半分はフォール中です。気を抜いちゃダメですよ!

サミングをかけていないとそれが分かりませんので、スピニングですがサミングを忘れないようにしましょう。

また着底時に食ってくることが多いです。

根がかりしてしまうので放置は厳禁ですが、1秒くらい見せてから最初のしゃくりを入れてみましょう!

この時に、ズシッと重さを感じて魚がかかることが多いですね♪

鯛は底から10m以上離れていることも多いです。
しゃくって少し巻いてみてポーズ。しゃくってみて落としながら少し巻き上げてポーズ。

これを繰り返して魚を探していきましょう!





一つテンヤをやっていると潮が速くて釣りにならない・・という事が多々あります。

深さの割に軽い仕掛けを利用しているので、よほど操船がうまいベテランさんじゃないと毎回満足する釣りは不可能です。

底が取れない、2回ほどしゃくるだけで仕掛けがどんどん斜めに入るなどを経験した船長さんはたくさんいるのはと思います。


そんな時は無理せず一気に重い一つテンヤに変えてみましょう!

12号あたりを使用すれば、外海の早い潮でも底が取れると思います。

そして重いテンヤを使用してた時は、しゃくるのでは無く普通に1秒に0.5〜1回転
(60センチ程度)ほどの速度で巻き上げましょう!

落とさないと釣れないよ!って意見がありますが、早い潮の中で活性があれば全く問題なく海老を食ってきます。

鯛はそんなに細かい魚ではなく、エサがあればどんどん食べてきます。

魚探を見て魚がいるレンジまで巻き上げて、フリーにして底を取ってまた巻き上げる。
潮によってかなり海老は動きますし、本物のエサが付いているのでこれで問題ありません。

むしろ、底が取れない等の基本的な部分でトラブルを抱えるのであれば最初から重いおもりを使って引いているほうが結果としてはよく釣れますので試してみてくださいね!




極限まで細いラインと小さな仕掛けで釣る一つテンヤ。

余計なものがなにもないので魚がかかった後のやり取りは本当にたのしいです!

比べれば本物の餌が付いているのでルアーよりも反応は良いです。
興味が有る方は専用ロッドを使って試してみてくださいね^^

トップページへ戻る