キャスティングとは

もちろんシーバスなどのルアー釣りもキャスティングなのですが、ここではシーバスなど
小型魚類ではなくマグロ・シイラなどの中型魚類を狙うキャスティングを追いかけます!

私が知る限り、
すべての釣りの中で一番興奮するのはキャスティングで行うトップゲームです!!

近年、黒潮のおかげなのか、水温上昇のせいなのか分かりませんがシイラがたくさんいますよね。

1.5メートル近いでっかいデコッパチが平気で2メートルくらいジャンプしたり、ドラグは
平気で鳴りっぱなしになりますからドキドキ感がたまらない釣りなんです。

シイラのパワーって本当に半端ないですしね〜^^



画像

シイラだけでなく、カツオとキハダマグロのナブラうちや根の近くでのヒラマサ狙いなど
とにかくルアーを追いかけてくるのが見えるので本当に興奮しますよ。

特にシイラが入門編の魚になるのですが、シーズン初期ならばルアーを投げられれば誰にでもチャンスがある釣り物なので一度は体験してほしい釣り方です!

スレていない時ならいれば必ずルアーに反応する魚なんです♪



黒潮にのってくる魚は本当にパワーのトルクが違います。

他の釣りではタックルの性能だけ、もしくは釣り人の腕だけで魚を釣り上げることが可能ですが、30キロクラスのキハダマグロなどはタックルも釣り人の腕も両方必要です。

私も過去に沖縄にてGT(ジャイアントトレバリー)を釣り上げているのですが、大柄な私が水中にひきづりこまれそうになり冷や汗をかいた経験があります。

うちの30キロの大型犬が本気出した時の3倍くらいは引きますね(笑)

海岸

大型魚の群れがイワシなどを追いかけて水面に追い詰めると上からそれを見つけた鳥も夢中になって群れて、鳥山というものが発生します。

鳥山直撃なんてなかなか経験できないですが、本当に血が『沸きます』

ほんとうに楽しい釣りなので是非タックルを1セットを常に持っていてくださいね!!


ちなみに、乗合船でキャスティングをすると一日ナブラ探して→交代で投げる の流れなのでなかなか釣りになりません。

1日行って2回だけ投げたよ・・なんて悲しい話がマグロ船では毎日のように起きています。


でもマイボート派の皆様だったら好きなだけ投げれます!

ナブラを探して、ルアーを食べるナブラかどうかを判断して、ルアーが届くギリギリまで船を寄せて投げれば1発です!マグロだって警戒していない時は1発ですよ!

乗合船と違って簡単に釣れます。

騙されたと思って試してくださいね^^

キャスティングの次の項目へ