狙うポイント・操船方法

中型魚類をトップで釣る際のポイント選びです。

まず、一番興奮する釣り方としてはナブラ・鳥山打ちです!

事前に海水の温度を調べて、良い潮回りをグルグルと回ります。表面水温だけを参考にすると、外れが多くなるので実際の潮の色もよく見てくださいね。

必ずどこかにデカイ魚が小魚を追いかけている場所がありますのでなんとしても
ナブラ・鳥山を発見します!

そして、船をキャスティングで届くギリギリの位置にまで近づけて全力で遠投!
ナブラをよく見て魚が進んでいる方向の5m位先に投げてください。

乗合船だと、あっという間にスれてしまう魚達ですが、意外とプレジャーサイズの船で
ゆっくりと近づいて投げているとあっさりと釣れます。

海岸

次に、鳥をみて鳥がナブラを探している時。

実際にまだナブラが起きていないとしても、鳥が多数飛んでいる状況ならばベイトが
表層付近に集まっていることが考えられます。

魚探で20m〜30m位のところにベイトが多数いることが分かったら、とりあえずルアーを投げてみるのも面白いです。

根の上であればナブラうちより安定して釣果が望めて、ヒラマサのデカイのがいきいなり

どかーーん!


と出てくると本当に興奮しますね(・∀・)



画像


マグロの場合はトルクが太いのでドラグは10キロ程度にして走らせましょう!

コレよりドラグをきつくすると、最初の走りで1秒もたたずに切れます。。
最大時速が80キロ程度と言われていますので、時間をかけてやりとりするつもりでがんばって下さい!

ブリなら余裕だと思いますが、ヒラマサ10キロを超すと強烈なパワーで引いてくれます。

ヒラマサは針にかかった瞬間に全力で根に向かいます。

例え水深30mだったとしてもヒラマサなら3秒で到達可能です。

だから、最初からドラグはガッチガチに設定しておく必要があります。

また、まゆかから聞いた裏技なのですが「こりゃだめだ・・根に持っていかれる」って時は
スプールを起こしてしまい完全にフリーにすると、その瞬間ヒラマサはその場でピタッと
止まるそうです。

鹿島灘にいるヒラマサは間違いなく、ピタッと止まるので全国同じと思われます。

是非、その瞬間に思い出したらやってみてくださいね(・∀・)b


画像

また南国でのキャスティングゲームと言えばGTでしょう。

ポッパーで釣る魚ですが、根のきついところにデカイのがついています

一概に比べることは出来ませんが、これも根に巻く魚なのでラインを出せずに本当にきついやりとりになります。

だけど、うまくなれば女性でも釣り上げていますから練習次第ですよ!

竿の先にはルアーだけしかついていない、魚との一騎打ち!
本当に病みつきになりますので一度は挑戦してみてください(・∀・)

キャスティングの次の項目へ