ルアーの動かし方

まだまだ経験が足りない分野の釣りなので、釣り人全体で正解を探している状態です。

その状態ですが、割とよく釣れる方法も分かってきているので書いてみますね!
コレ以上に鉄板の法則を知ってる方は是非教えて下さい。

まず、ナブラですが一般的には、
イワシナブラ、トビウオナブラ、イカナブラ
などがあります。

もちろん他にもあるから私がよく見るタイプだと思ってください。

イワシナブラはナブラの奥にルアーを投げて、ナブラの中心でフォール・もしくは
ちょんちょんとアクションを入れると食ってくることが多いです。

トビウオパターンは、早巻きしてルアーを時々水面より出してあげます。
このパターンは、XGのリールじゃないと間に合わない速度で巻いています。

イカナブラはヒットに繋がりやすいナブラでイカの群れのちょい下を通すか、群れの中をフォールさせる。このパターンは大型が多いので本当に気合を入れること!



画像


同じナブラでも、移動速度が早いナブラなどだと釣果には繋がりにくいです。

とにかく追いかけて、ベイトの先頭より5m〜10m位先頭に送り込む洞察目と正確なキャスティングが必要になります。

釣りやすいのは、ベイトが固まっていてなかなか沈まず、移動も遅いパターンです。
サメが付いているとイワシボールが沈まないらしいです。

とにかく1年追いかけると、ルアーに食べてくるナブラなのかどうかがすぐに判断できるようになります!

言葉で説明しにくいのですが、経験すればだれでも分かるようになりますよ〜。


画像

マグロなどになると30キロは当たり前のサイズになるのですが、アタリは意外と小さかったりします。

なんか重い?とかコツコツコツと何回か当たってくるだけの時もあるんですね。

いずれにせよ、なんか変だなと思ったら渾身の力で合わせを入れてください。
しっかりとかかっていない状態でファーストランをされたらほぼ100%バレますから。


最後に、マグロ、巨大ヒラマサとの勝負は体力勝負です!

筋トレは絶対にしてください。

魚がかかる前に、握力が弱ってしまうようではマグロは絶対に釣り上げられませんし
背筋をつけておかないとリフト出来なくて完全に魚に主導権を握られます。

この釣りは、道具だけに頼ればいい釣りとは違いますので、握力、腹筋、背筋は太ももは
徹底的に太くしておきましょう!

次郎は最初から大男の馬鹿力でしたが、始めてマグロをかけた時は力負けして逃してしまいました。

のされて、ラインが切れた時は本当に呆然として何も考えられなかったのを覚えています。

ロマンのトップゲーム。

本当に面白いのでいつかは一緒に遊びましょう!

トップページへ戻る