ジギングとは

ブリ、ヒラマサ、カンパチ、真鯛、太刀魚、そして根魚全般と一般的に人気のある魚すべてをターゲットにしている釣り方になります。

メタルジグという種類のルアーを使い、深い棚まで一気にルアーを落とし様々な巻き上げ方をして魚を釣ります。


アイルフラッシュ


今では信じられませんが、ほんの10年ほど前までは専用船も殆ど無くノウハウも無かったため疲れるだけで釣果の上がらない釣りの代表となっていました。

でも現在では、魚がベイトを追っている時などは明らかに餌よりもジグが釣れるようになってますね〜。


また、エサ釣りでは考えられない太い糸や大きい針を使用しても動きに影響が無いため大物をゲットする確率は飛躍的に上がっています。


画像



マイボートでジギングをするときは、操船にそこまで気を使わなくても大丈夫です。

一般的には50mの深さなら、50g〜100gのジグを使用します。ジグは非常にフォール速度が早いので、ドテラ流しで多少仕掛けが斜めに入っても気にする必要はありません。

また激しくジグを動かしたら釣れるわけではなく、ゆっくりフォールさせて釣るスロージギングで大物がよく釣れることが分かってきました。

ジギングはすべてのルアー釣りの中で、最も汎用性が高いといえる釣り方でしょう。操船までしないといけないマイボート派にもピッタリの釣り方です。



画像


ジギングの魅力は何かといえば、やはり青物3兄弟のブリ、ヒラマサ、カンパチの3種との
格闘でしょう!

10キロクラスをかければだれでも分かります。まさに格闘なんです。

8キロのブリをカヤックに乗っている際にかけましたが、やりとりに20分以上かかりました(笑)

老人と海のようにカヤックが引きづられて進むパワーです!! エサ釣りと違い竿先には余計な仕掛けは一切ありませんからまさに魚との一騎打ち。

釣る時期と、海域を間違えなければこんな怪物に毎回会えるチャンスがあります!

海のルアー釣りはジギングに始まりジギングに終わる。

いつかは挑戦してみてください!

画像



青物のイメージというと夏!って感じですが実は青物は冬でも釣れます。

2〜3月の釣り物がほとんどない時期など、外房ではヒラマサの大群がいます。

是非、コタツにはいらないで新しい釣り物として遊んでみてくだいね!

ジギングの次の項目へ