ルアー釣での電動リール

最近は本当に各種道具のレベルが高くなってきましたね。

少し前なら電動リールで、ルアーを引くなんて10万円以上はするような高級電動リール
でしかパワーが足りずに不可能でしたが、

現在では特別な値段ではない普及品でも何の問題もなく巻き取れるようになりましたね。


画像

ルアーを電動リールで巻く?

漁師かよ!

ってツッコミをしていたのは一昔前。
今では乗合船でもたまに見ます。

また、鯛ラバ、インチクなどはただ落として巻くだけなので電動だと
楽すぎて2本出せます!

家族がいれば意地でもおみやげ釣らないと次の釣りに行きにくいですからね。



画像

ジギングなどでも同じです。

奴隷船と揶揄される、ジギングですが電動リールを使えば子供にも出来ます。
竿をキーパーに固定して自動で巻き上げ。手で竿を上下させれば最近のジグは性能がいいのでしっかりとアピールしてくれます。

常に巻いているので、合わせを入れるのが下手な人でもだいたい釣れます。

そして全く疲れません。


画像

いいことばかり書いていますがデメリットもありますよ。

デメリットは、
ドラグ性能があまり良くないこと。
フォールの速度が遅いこと。
そしてどうしても釣り味は悪くなります。そりゃそうですよね。

しかし、200mラインを手動で攻めるのは時間ばかりかかってしまい疲れます。

私は、鹿島沖の200mラインでの300g位のインチクで巨大な根魚を釣ってやろうと思っているのですがそれは電動を使用する予定です。

300gのインチクを一日手巻するのは無理ですな。

おそらく手返しが餌釣りよりいいので、結局たくさん釣れるのではないかと思っています。


画像

最初は鯛ラバも、インチクもそんなので釣れるわけ無いでしょ!ってバカにされました。

なんでも最初はバカにされるもんです。

でもでっかいのをたくさん釣りたかったら、ドンドン新しい道具を揃えたいですね!

シマノTVで見かけたのですが、50キロのカンパチを深海から引っ張れる電動リールが売っているみたいですよ!


トップページへ戻る