ジグの選び方

ジグについてですが、お店に行くとたくさん並んでますね。

10g程度の小さいものから300g以上もある何釣るんだ? って感じのジグが売っています。


ある程度ご自分でこだわりが出るようになったら、色々なルアーを試してみてくださいね。

でも私は10年ほどルアーをやっているのですが、ルアーにはそこまで大きな差はない!と考えています。

とりあえず覚えておいてほしいのは、『マッチザベイト』 魚が食べているベイトのサイズにルアーを合わせることです。

色は濁りが強いときはピンク系、澄んでいるときはブルー系。この2色だけあれば間に合います。
そもそも魚は人間の目と違い目があまり良くないですからね〜。


この大きな分け方の中で、巻いている最中に釣りたいのか、フォールで食わせるのかでジグを使い分けます。


画像

ジギングははっきりというと『根性!!』の釣りです。

テスターレベルの人の腕の太さを見るとびっくりするくらいムキムキです(・o・)


色々な種類のがジグがあるのでお店でじっくりと見てから判断してくださいね!

同じものを色違いで買う必要はありません。

センターバランスタイプと後方重心タイプをショートとロングでそれぞれ一つずつ。
フォールがきれいなジグを2種類程度。

パッケージに踊らされずに、お店の店員さんと相談して買ってみてください。最初から何十個も買う必要は全くありません!!



画像


ちなみに私の考え方なのですが、マイボートでは何の釣りをしてもオマツリしないので問題ありませんよね。


GPSを使用して魚探に魚群がありジグを落としたとします。

そのあとジグに反応が無かったら私なら違うジグに交換せずに、
インチクなどに変更します。
(乗合船ではオマツリするからタブーな行為です)

わざわざマイボートを買ってまで、乗合船の時のルールを引きずらなくてもいいですよね!

ジグに反応のない時間でも、インチク、タイラバには反応する事が多いですよ。
ジグからジグへと交換して釣れるパターンを探すより、ジグからインチクのように劇的に変化させたほうがあっさり釣れることが多いです。

逆にインチクなどで反応が良すぎるときに大物狙いでジグを落とすと効果的ですね!10キロ程度の青物までならインチクのほうが経験上反応が良い気がしますが、
経験上大物はジグに釣れています。


画像

青森ではタイを釣るのにジグをよく使用します。

その時は全くアクションを付けずに、1秒に1/4回転(大体15センチ位)巻き上げるだけです。

ジグを動かしてしまうと逆に釣れなくなるんですね。

地域差があるので何とも言えませんが、人間がいいと思ってつけている動きは実は魚にとっては意味のない。もしくは邪魔をしているだけの動きなのかもしれません。

タイラバもゆっくり巻くだけのほうが釣れますもんね。シーバスなんかの名盤ルアーのラパラなんかは目ではほとんど動いていないように見えます。

ジグは実はまだまだ進化の最中のルアーです。貴方だけのオリジナルの釣り方を見つけるのも楽しいかもしれませんね^^


画像

私が今まで一番釣ったジグは・・

DUELのアイルフラッシュ(・o・)

☆<デュエル DUEL> アイルフラッシュCS 110g 【メール便OK】

価格:1,313円
(2013/8/16 15:38時点)



DUELで出しているアイルフラッシュにはセンターバランスタイプとカーブするタイプがあるのでそれぞれ90gを中心にいくつか持っています。

8キロクラスのブリならおそらく10匹以上。10キロのヒラマサもこれで釣ってますよ!

これでだめなときは、ジグでは釣れない時間なんだなと思って他の仕掛けに変更します!

信頼できるルアーですよ!(^^)!

ジギングの次の項目へ