アシストフック



意外と気にしていない人が多いアシストフックについて書かせていただきます。

広い意味で鯛ラバなどでも同じような事が言えますので是非参考にしていただければと思います。

まず、針のサイズについてです。

よく見かけるのですが極端に針が小さい人がいますね。
聞いてみると大きいと魚の口に入らないのではないかと考えていたり、なるべく魚から
目立たないようにと針のサイズを落としているようです。

対象の魚が何かによっても変わるのですが、確率論からいうと針が小さいほうが
フックアップの確率は落ちていき、バラシも極端に増えていきます。

アシストフックのサイズで#3あたりを見ていただくとすごく大きく見えますが、これで15センチのカサゴが普通に釣れますので決して大きくないんですね。


サイズに関しては様々な意見があるのですが、ひとつの目安としてはジグの横サイズより少し大きいサイズを使用する。というのが目安になります。

最近流行りのスロージギングであれば#3あたりになると思います。

お店で見るとちょっとでかいな・・と思うと思いますが、コレ以上小さいとジグと絡まって
しまいバイトしてきてもフックアップする確率が極端に低くなるんですね!

鯛ラバなどでも、小さいフックよりもデカイフックを使った方が明らかにフックアップの
確率が上がるのが分かります。


針のサイズが大きいと魚に見破られる・・なんて考えたらそもそもルアーでは釣れないですからね! 

S,M,Lと針サイズがあったら迷わずLで良いと思います!


画像


次にアシストのラインの長さについてです。

これは色々と実験したのですが、長さによって明確にバイト率に変化はありませんでした。
が、長いとリーダーに絡まる事が多くなりますね。

特に変化がないので、フックサイズと違って私はいつもジグのサイズの1/3になるように設定しています。

ジグの場合、フックは基本はフロントに1本になりますが、2本付ける場合は力が分散しやすいのでアワセは数回行うのが基本です。


画像


お店などで見ると、安いアシストフックからジグより高いようなアシストフックまであります。

私がもし買うのであれば、一番高いものを間違いなく買います!

使っている針やラインによって釣果が変わるからなんです。

ちょっと高いよなと思う方は、1つだけ買ってみて真似して自作しましょう!

極端な話、竿は5000円のセットでも魚は釣れますし、ジグはワゴンに入っている100円のでも釣れますが、アシストは性能によって魚釣りの結果が変わります!

是非、一番高いものを買うか、自作できるように頑張ってみてくださいね^^

本当に針にはこだわってくださいね!

初心者だろうがベテランだろうが同じくらい大物のチャンスは有るんです!
そのチャンスをものに出来ているかどうかですからね!

トップページへ戻る