スロージギング 2

ミニボートやカヤックなどと非常に相性のよいスロージギング。

簡単にではありますが、スロージギングについて基礎から解説いたします。

まず、スロージギングの基礎はハンドルを巻くだけになります。
通常のジギングでは、ロッドを持つ手でも様々なアクションをつけるわけですが、
スロージギングではハンドルを巻き、竿が元に戻ろうとする反発力を利用してルアーを操作します。

そのため、専用のロッドでは反発力を高めにしており、
ハンドルは 1回転/1秒、半分/1秒 など、1秒あたりのハンドルの回転でジグを動かします。
専用ロッドではない場合、多少反発力が弱いので、少しだけ竿を動かしてあげたほうがよいかもしれません。

スロージギングは、ルアーが横を向いた瞬間に喰ってきます。

これについて説明しますと、ベイトは捕食者があらわれるとひとつの塊になって身を守ります。
いわゆるベイトボールですが、完璧に固まっている状態では捕食者は襲いません。
捕食されるベイトは何種類かに分かれます。

@ ボールから分離し単独で逃げようとする。
A 尾っぽなどで叩かれて、平衡感覚を失いふらふらしている。
B 同じく失神して浮きも沈みもしなくなる。

捕食者はどれを好んで襲うかというと、B>A>@の順番になります。

この中でスロージギングの動きとは、B 失神して浮きも沈みもしない になります。
常に竿でジグを吊ることで、この動きを表現しています。
ちなみに、ジグを横にできないでいると、しゃくった分落下しますが魚の本能は、向かってくるものは避けようとします。
そのため、ただジグを動かすのではなく、「横に向ける」 これを意識してください!!






基本スタイルは常に竿に重さがかかるようにしなくてはいけません。
フリーな状態をたくさん作ることは、ジグがフリー落下してしまうのであまり釣れません。

沖に出れば、波がない日などあまりないでしょう。
しかし、たくさん釣るためには常に竿とラインが90度の角度になるように意識してくださいね。

また、意外とラインが太いことにより2枚潮に対応できていない方多い気がします。
大型の魚を相手にしているため、ついついラインを太くしてしまいがちですが、ラインから波動が出てしまうことを考えると、極力細くしたほうがよいのはどんな釣りでも一緒です。

底ものから、青物まで幅広く狙えるスロージギング。
小型の船では、操船など様々な制約がありますが、操船が適当でも釣れるのはスロージギングでしょう。

ぜひ、お子様、女性も一緒に楽しんでくださいね^^

トップページへ戻る