ジグの動かし方

ジグの動かし方ですが、ちゃんと理解しておかないととっても疲れます!

100メートルまでのライトジギングでも一日やれば筋肉痛レベルですからしっかりと基礎を理解していきましょう。

常夏

まず、基本としては『ワンピッチ・ワンジャーク』です。

竿を下げた時にリールのハンドルを半分巻き、竿を上げるときにリールを半分巻きあげる。

竿の上下1回に付き、リール1回転させるこの動作がすべての基本になります。


DUELなどのジグを購入してれば、巻き上げさえしていればちゃんと水中で動いて魚にアピールしているので最初は小難しいテクニックなど不要でこの『ワンピッチ・ワンジャーク』だけしていればなんの問題もありません。

これを全く意識することなく出来るようになると、体の疲れ方が減少します。

まずは色々と試す前に、この基本を徹底的に体に覚え込ませましょう!!
慣れる前にコンビネーションジャークなどをすると疲れきってしまい一日釣りができなくなります。

ルアー釣りは、ルアーを水中に入れて動かしていないと絶対に釣れませんので最初は無理せずワンピッチワンジャークだけを一日続けられるようになってから、いろんなメソッドを試してみてくださいね!



画像

本当に慣れたら、ワンピッチに強弱をつけたり、ストップするタイミングを入れてあげたりが有効になりますが、これは最上級者レベルの話。

最初はワンピッチ・ワンジャークを徹底的にマスターして下さい。別にこれだけで釣れますから。


ジャークの大きさは魚のいる層に分けて大別するとわかりやすいです。

根にべったりついている魚を狙うときは・・

根に落としてショートジャークが有効。

中層など広い層にいる魚を狙うときは・・

底立ち・もしくは狙っている層より下にジグを落としてからロングジャークが有効。

このように大別してみてください。


画像

ショートジャークとは、竿の上下1回の幅を小さくして誘う方法。かなり疲れるのでロッドは短めを推奨します。

これにリールの巻き幅も小さくしてストップのタイミングを入れたのが現在流行りの
スロージギングになります。

ロングジャークとは、PEが流行る前のジギングのしゃくり方で、現在でも大型青物にはロングジャークが効きます。
ショートの逆なので、シャクリ幅を非常に広く取る方法である程度ロッドの長さがないと効果が出ません。

ただし、ロッドが長すぎるとシャクリの鋭さが無くなってしまうので程々のバランスを見つけて下さい。
一般的にはストレート系の引きおもりの少ないジグを使用して行います。


色々と釣り人によって様々な論評のあるジギングですが、魚が絶好調の時は何をしてもルアーを追いかけますしダメなときはダメです。

今回紹介した方法で反応がないのであれば、その時間帯はジグには反応が薄い時間と考えてインチク等にチャンジしていくことをおすすめします。

ジギングの次の項目へ