スロージギング

最近、とにかくスロージギングが流行りまくっていますね。

ジギングの乗合船は奴隷船なんて比喩されるくらい体を酷使する釣法なのですが、スローは女性でも出来るくらい楽な釣りになりました。

昔は、ゆっくりジグを動かすなんていうと見切られるから絶対にやってはいけない事としてどんな本にでも買いてあったのですが根魚を狙うためにやってみたら、

青物もよく釣れちゃうし、真鯛なんかも釣れちゃうぞって分かった釣りなんです。

通常のジギングは、あれで頑張るならインチクのほうがいい気がするのですが、
スロージギングは楽なのでマイボート派の皆様にもお勧めです♪




まず、スローという名前なのでだら〜とジグを動かしている人を見かけますが
コレは間違いです。

どんな釣法であっても、ジグのシャクリはスパっと鋭く竿先を上げなくてはいけません。

そして、この上げ幅を非常に小さくしてリールも1/4回転程度しか回さないのがスロージギングなんですね。

スローとは魚にジグをよく見せるという意味と考えてください!

ジグも専用のセンターバランスの幅広い物を使うのですが、キュット上がってひらひらひらひらと落ちてくる動きを演出します。

スロージギングのスローとはこのひらひらひらひらが魚の食い気を誘って釣るジギング釣法なんですね♪

下がスロージギングに最適の闘魂ジグです。初心者でもジャーク後にジグが簡単に横向きになるように設計されています。
初心者だけでなく、上級者にもオススメのジグとなっています。

【メール便可】ダミキジャパン 闘魂ジグ バックドロップ 100g

価格:890円
(2013/8/23 09:10時点)
感想(3件)






魚は上がっていくものより、落ちてくるものに反応する本能があるので、普通のジギングでは食わない青物もつい食べてしまうんですね!

実際、ミニボートでは行けるポイント数も限られているのでスロージギングのお陰で釣果が伸びた人が多いですね^^

今回はショートジャークの延長としてのスロージギングを紹介しましたが、結局はフォールで食わせる方法なのでロングジャークでも問題なくできます。

実際の海で、魚に反応が薄いときはショートだけでなくロングも試してみてくださいね(^^)

ちなみにタックルは、同じものでも出来ますが専用ロッドだと通常のジグで使用するロッドよりかなり柔らかい物を使用します。

シャクった時に、竿に重さを載せて竿が戻ろうとする反動でジグを持ち上げる感じです。

スロージギングに特化するのであれば、専用ロッドの使用をオススメします。





ジギングは本当に奥の深い世界です。

200メートルラインを攻められる釣法は他にはなかなかありません。

ヒラマサ、ブリ、カンパチの青物3兄弟は平均120メートルラインを時速20キロ程度で巡航しています。浅場に来るのは実は珍しいことなんです。

安定して巨大魚を釣る方法はジギングと生きエサを使用した飲ませ釣りでしょう。

トップでの釣りは時期が限定されますし、針にかかったあと大暴れするので釣り上げるのが大変です。
その点バーチカルな釣法ならば、時期も長く、釣り上げる際もトップよりは余裕があります。

大物を釣るのであれば是非覚えたい釣法なのでいつかは覚えたい釣法ですね♪

トップページへ戻る