head_img

デモ口座の開設



ここからようやく準備に入ります。長くてすみません。

必要な知識については、まだまだ後からもご説明させていただきます。


証券会社はどこか決まってますか?

スプレッドが小さいとか信託保全が・・スワップの値段についてなんかは非常に重要ですよね。

スプレッド比較のページを作りました。

証券会社が決まっていないようであれば是非参考にしてくださいね。

スプレッド比較のページヘ

画像

仮想通貨ですが300万円くらいのお金が入っていると思います。

まずはコレをコツコツ取引で1000万円位にしてみましょう。資金管理のルール等は決まっていないのであれば口座資金10万年につき、1万通貨程度で考えてみてください。

デモ口座で資金を簡単に増やすことが出来なければ、本当の口座では絶対に

100%負けます。

だから、このデモ口座で安定して資金を増やすというシーンをスキップしないでください!

画像

先に確認してほしいこと。

ロングポジションを成り行きで10Lot(10万通貨)今度は逆にショートを。証券会社によってはロングとショートを同時に持てない会社が多いのでそれを確認。

一般的には両建てOKとなってなければ、ロングを持っている時にショートをすると決済の扱いになります。

次に、持ったポジションにリミットと損切設定をしてみてください。

OCOと書いてある設定があればそちらが指値と逆指値を両方入れられる設定になります。

後は指値の設定。 例えば80円の時に79,5円になったらロングを持つ。

こういった取引方法に関しては証券会社によって用語も多少違ったりルールも違うので
デモ口座で最初に確認取ってください。

あと、指値にするとおそらく注文という欄に並びますがこれの削除の方法なんかも忘れずに。

操作方法でのよくある失敗は、両建て禁止の証券会社で思わず行ってしまい、決済するつもりは全くないのに決済しちゃった・・とか

とっくに消したつもりの注文が残っててやばい位置でポジションを取ってしまった・・ハイ、実話です。私の(笑)

とにかくデモ口座で操作に手間取らないようにちょいちょいいじってみましょう。分からないことは何でもすぐに証券会社に質問する癖もすぐにつけちゃいましょうね!

次のページヘ