head_img

99%必勝法2



取引例 200万円の資金を持っている場合。

A証券はスワップポイントが高く、B証券はスワップポイントが低く、その差は1ロット
あたり20円とします。

A,Bそれぞれに100万円ずつ入金します。今回は多少リスクを取って10万円で1ロットを購入する計画にします。

A証券ではロングを10ロット。B証券ではショートを10ロット。

これを1年間持ち続ける計画ですね。

画像


10ロットありますので一日に200円が口座に入ってきます。

多少の誤差があるので1年を360日程度で計算しますね。。

360日×200円ですので年間72000円が無条件に入ってきます。

その間、相場はかなり動くでしょう。

しかしロングとショートを持っていますので相場の動きには影響されません。
なぜ、片方の口座が強制決済されないかは後でご説明します。

これを続けて200万円の資金が210万になったら1ロット追加します。

そうなりますと360日×220円=次は年間で79200円増えることになります。

これを繰り返します。

複利の力はすごいです。

30年続けたら・・・年金なんていらないと思いませんか?

注意事項を先に書いてその次のページに30年続けたパターンの成功例を書きますね!

かなり馬鹿にできない数字が出てきますので期待して下さい!

次のページヘ