head_img

余裕のある時間



取引方法のなかで1年を通じてほとんど決済をしないものを長期トレード

1時間以内で終わる取引をスキャルピングと呼ばれています。

そして1日以内で終わる取引をデイトレード

デイトレードと長期の間に短期取引、中期取引などがあります。
(正式なものではないので人によって呼び方に変化がありますが)

画像

様々な取引方法があって、どの取引方法でもちゃんとしたやり方をすれば勝つことは可能です。

が、サラリーマンは忙しいのです。

私なんか、朝5時には起きて家に帰ってくるのは夜の10時過ぎ。

こんなに忙しいのに1時間以内で取引を終わらせるスキャルピングで成功する事は不可能です。

また、今でもたまに見ますが5万円の資金をスキャルピングで1億円にした手法!

なんて名前で売っている商材がありますよね。

だったらその1億円を100億くらいに増やして遊んでればいいじゃん・・


画像

忙しいサラリーマンでも出来る手法の中にスキャルピングは入りません。

デイトレードでもムリでしょう。

基本的には、数日以内の決済を目指す短期取引

1ヶ月以内に取引を決済させる中期取引

数年にわたってポジションし続けるような長期取引

この3つを軸に余裕のある時間で出来る取引を考えましょう。

夜中にマウスを頻繁にクリックするような取引方法は楽しいのですが、実は証券会社に利益を出しているだけで本人はほぼ100%負けます。

そしてそんな貴方を見ている家族は・・とっても悲しいですよね。

家族のためにやっているFXですから、誰にも迷惑がかからない方法でやりましょうね^^

次のページヘ