head_img

FXとは



FXは実際に外貨を購入する外貨預金などと違い、証券会社に証拠金を入金することにより取引を行う投資方法の一つです。

FXで作成されたポジションは必ず決済をしなくてはいけない為、仮想で取引しているのと大差ありません。

それでは外貨預金とFX(外国為替証拠金取引)の違いは何でしょうか。

画像

外貨預金は現物取引の為、あなたが100万円を投資しようと思った場合
100万円分の外貨しか買えません

FXの場合は資金を証拠金として証券会社に提示して、持っている金額の25倍程度までの
外貨を購入することが可能になります。

だからFXは証拠金取引と呼ばれるわけですね。

ちなみに25倍というのは、法律で決まっています。

法人化すると上限が無くなるので、200倍以上の資金を動かくことも可能になります。


画像

ただし、25倍にするということはたくさんの外貨を扱えるようになるため勝つ時は大きく勝てるようになりますが、負ける時は大きく負けるようになります。

銀行を通しての外貨預金は常にレバレッジが1倍なので破産することは銀行が潰れるときだけです。まず可能性としては0に近いと言えます。

しかし、FXの場合はレバレッジを25倍程度にした場合に全資金を失う可能性
非常に高くなります。

レバレッジがあり、自分の資金以上に外貨を扱えるのがFXのメリットですが同時にデメリットなんですね。

リスク管理を徹底できない人が多いのがFXで破産する人が多い理由です。

なるべく低レバレッジで、長時間をかけて一つのポジションを大きく育てる。

サラリーマンの取引ではこのスタイルが基本ですから、高いレベレッジに釣られて取引方法を間違えないようにしてくださいね!!

そして低レバレッジならば外貨預金でも良いんじゃない?なんて思う方もいますよね。

まず外貨預金はFXで言うところのロングでしかポジションが持てない事。
そして手数料がFXでは考えられない20倍程度かかる事。

以上より、FXの方が断然お得になります。

しっかりと勉強していけば間違いなく資金を増やす有効な方法ですから頑張って勉強していきましょう。

次のページヘ