head_img

金利について



政策金利についてです。

日本、USAなどは現在0金利政策を続けていますので銀行に預けても
ほとんど利子はつきません。

逆にお金を借りた時の利子は低く抑えることが出来ます。

このようにして、みんながお金を借りて家などを購入しやすいようにしているんですね。

一方で、資源大国などは多くの資金を海外から集めたいため、また国内経済にバブルが起きないようにする為、ある程度の高い金利を設定しています。

この金利差を利用して買いポジションを持つと毎日差額の金利分があなたの口座に入ってきます。

これをスワップ金利と呼びます。


例えば、日本人なのでクロス円トレードをする方が一番多いのですが、
AUD(オージードル)/円という通貨ペアで買いポジションを持つとします。

証券会社によっても違うのですが、1万通貨単位当たり1日100円程度口座資金が増えていきます。

この値段は、その時のAUD/円の値段や、政策金利によって変化します。



1日100円というと地味な数字に見えますが、年間で考えれば36500円になります。

1万通貨持つためには、資金として30万円位あれば良いので年利で考えると10%近くなることが分かります。


日本国内で、今までに一番成功者を多く出した投資方法はアパート経営でしょうね。

このアパート経営は最初に多額の資金がかかります。

そのアパート経営でも、借金なしの状態で年利10%程度です。今だともっと悪くなってますね。

通常は借金をして始めるのがアパート経営ですので、それと比べてFXでのスワップ取引の金利はすごく高いということが分かると思います。



もちろんFXなのでリスクも有ります。

日本人だけに限らず、個人投資家はスワップを貰うためにロングポジションを多数持つことが多いです。

それを狙って、世界中のファンドが半年から1年に1度程度、豊富な資金を使ってポジションを操作して個人投資家の損切りを誘います。

素晴らしい年利なのですが、何も考えずに出来る投資方法ではないので気をつけてくださいね!

最後まで読んでいただきますと、スワップ取引でほぼかならず勝つ方法が書いてあります。

是非参考にしてみてくださいね^^

次のページヘ