head_img

取引方法



テクニカル取引とはチャートの値動きを計算したり、頂点と頂点を線で結んだりして今後の動きを予測していく取引方法です。

ファンダメンタル分析とは、各国の経済指標の発表や、経済の状況を考えて取引をする方法です。

どちらの方が勝率が高いのでしょうか。

昔からこの話題は議論になりますね。

結論から言うと、一般の方はテクニカル重視にした方が勝率は高くなります。

画像

証券会社のディーラさんはファンダメンタルも考えて取引しています。

そこで使用する専用のツールが有るのですが、これは証券会社に所属していないと使用できません。

過去に2度見たことがあるのですが、5秒に一度は新しい情報が飛んできていました。

私達がネットから得る情報とは質も量もスピードも全く違うものなのです。

こういったツールを使用できない以上、私達一般投資家がファンダメンタル取引で証券会社の予想の上をいくことは不可能なのです。

画像

また、過去にユーロドルが高値を付けた時など明らかにファンダメンタルを無視して上がっていく時があります。

テクニカルでみれば十分考えられる動きも、ファンダメンタルでは説明が出来ない
(もしくは無理矢理後付の理由)動きはよくあることです。

ただし、株から発生しているテクニカルは残念ながらFXには合わないですね。

どこのFX本にも書いてある移動平均線のクロスで取引する方法などは計算すると
勝率40%程度なのです。

これに証券会社に払う手数料をいれたら・・・

一時期は、移動平均線にいくつかのテクニカルを付け加えてノイズをカットする手法が多かったのですが非常に難しく、理解できずに退場する人が多数いました。


何度も書きますが、株とFXではチャートで表しているものが違いますので使用するテクニカルには注意をしてください。

私は、テクニカルを重視どころではなく、テクニカルしか見ていません。

むしろ、ファンダメンタルは今持っているポジションに自信が無くなるだけなので見てもいません。

指標発表の時間は避けるか、小さいポジションでみんなとお祭りを楽しむ程度です。

それぞれに取引スタイルがありますので一概には言えませんが、私は以上の方法でで勝っておりますのでおそらく正解に近いところにはいるようです。

頑張って勉強していきましょう!

次のページヘ