head_img

神奈川県の名所・観光地



神奈川の中でも横浜市は全国のお洒落な街ランキングで常に1位になる大人の雰囲気にあふれた街です。

横浜の中でも駅によって様々な顔を見せてくれるのですが、最近の一番お勧めできるエリアはみなとみらいエリアでしょう。


少し前まで日本一の高いビルだったランドマークタワー
お隣にあるクイーンズタワー

東京にもおしゃれなお店が入っているビルはたくさんあるのですが、横浜は大人の雰囲気がただよっている為少しゆっくりとした空気を感じることができます。

入ってみると人混みというほどではなく、落ち着いてお買い物が出来るビルになっているから東京の人混みはちょっと・・という人にも安心です^^

小さな遊園地も併設しているのでお子様連れでも楽しめますし、ランドマークの最上階にある展望台は晴れた日に行くと本当にきれいです。

付近にはアンパンマンミュージアムキャッツシアターなどもあります。


デートコースとして利用するのには最高の場所だと思います。もちろんご夫婦でも記念日に利用されてみてはいかがでしょうか。

画像

電車で10分ほど移動すると、横浜中華街があります。

国内最大級の中華街で、中国の文化を色濃く入れつつしっかりと日本の文化も尊重している中国人らしさが出ている街です。

食事だけでなく、雑貨などを販売しているお店も多く一日では全てを見て回るのは不可能な大きな街なんですよ!

中華のお店がたくさんあります。

実は・・ハズレのお店の方が多いです。ハズレのお店は正直マズイ!!

ショッピングしながら特に下調べることなく飲食店に入ると・・失敗する事の方が多いかな(笑)

でもおいしいお店なら、本格的な中華がお手頃な価格で食べれますからお勧めですよ^^
昔、鉄人なんて料理番組で作っていた人のお店もありますし、付近を調べるともっと美味しいお店もたくさんあります。

お腹がいっぱいになったら少しだけ歩いて山下公園に行ってみてください。

港町・横浜。

氷川丸がお迎えしてくれます。

お休みの日なら、ピエロの格好をしたパフォーマーさんなどが様々な芸を披露していますよ!

横浜はすこし移動しただけで様々な顔を見せてくれる街です。

是非、宿に泊まってゆっくりと散策してみてくださいね^^


画像


湘南にある湘南平はご存じでしょうか。

湘南というと、サザンで有名になり波もないのにサーファーがたくさんいるエリアなので外海を知っている人が見ると随分とびっくりすると思います。

そんな湘南の平塚にある湘南平と呼ばれる小高い丘があり頂上に展望台があります。

横浜の夜景が一望できるのですが、夜景の中でもかなりレベルの高い素晴らしい光景が見れるので本当に綺麗なんですね。

だから夜になるとカップルでいっぱいなんです!(^^)!

昔から、展望台にある金網に南京錠を二人でつけるとずっと結ばれたままになるという話があり金網には鍵がたくさんついています。

あんまり大量になると、県が柵を付け替えてしまうのですが、二人だけで行う秘密の共同作業なんて素敵ですよね^^

真っ暗になってしまうので、あんまり遅い時間は安全じゃないのでそこだけ気を付けてくださいね!


画像



東名高速の秦野中井を降りて、市内に向かいます。

市内の中心に水無川と呼ばれる不思議な名前の川があります。

これは地質が溶岩なため、冬の雨量が減った時期になると川の水が地下へと全部流れてしまい川の上は干上がってしまう為、水無側と呼ばれるようになったそうです。

この水無川を登っていきましょう。

途中には日本一のつり橋がある公園があります。ここも歩くと楽しい公園なのですが、今回はもっと上流に向かって車で走ります。

狭い道を1キロほど登ったあたりにある龍神の泉が見えてくると思います。

この水は、名水で毎週水を汲みに来る方が多数いるほど。せっかくなので水を水筒に入れてください。

そして、龍神の泉から200メートルほど進むと左側に降りていける道があります。

少しだけ車で入っていくことが出来て、車はこの先の少しだけ広い場所に停めることができます。

ここからは歩きです!

1キロほど、そのまま進みますと水無川の上流に行きつきます。

このなんと広い事!

だーれもいない、河原がどどーんとあるじゃないですか!


うちは大型犬がいるので夏は毎週ここで泳がせていました。

たまーに人がいるときは、少し奥の方まで行けば広い河原なので問題ありません。

もう引っ越したから情報公開しちゃいます(笑)

一つだけ注意点があります。

山道なのでまさかいないと思いますが、サンダルはヒルに吸われるのでやめましょう!

できれば、途中の山道の間だけは長靴が良いですね!

わんこ連れや、本当のアウトドアがしたい人には最高の場所ですよ。

楽しんできてくださいね。

トップページへ戻る