head_img

島根県の名所・観光地



島根県の松江市は、島根県の県庁所在地で宍道湖の東岸に位置し、人口は、およそ20万人の街です。

ここ松江市の名所・観光地と言えば、松江城や武家屋敷など、江戸時代の雰囲気が魅力的な街で私も松江市の魅力に惹かれて観光に何度も訪れたのです。

新幹線と特急列車を乗り継いで松江駅に降り立った私は、まず最初に松江城へ向かったのです。

松江城は、約400年前の江戸時代初期に築かれ、代々この地を治める松江藩の城として機能し、高い城壁と黒光りのする城の外観は正に実戦的なお城の作りで、私としては戦国時代のお城の中で5本の指に入る位の名城だと思っています。

松江城へは、松江駅から県庁行きのバスが頻繁に出ており、県庁前で下車すれば、目と鼻の先に有ります。

お城の周囲は、堀が囲んでおり、この堀に架けられた橋を渡ると、周囲の松や石垣などが目の前に写り、お城へと続く坂道を歩いているとまるで江戸時代にタイムスリップをした様な気分になります。

私は、ちょうど夕方の日没にお城へ登りましたが、天守閣から眺める夕焼けは、宍道湖の水面を美しく茜色に染め上げていて、思わず涙を流したのです。


画像


島根県の名所・観光地といえば、まず、出雲大社です。

ここは、島根県に行くたびに、必ず訪れている観光地です。

とても広くて、周辺にもお土産物屋などがたくさんあります。

しかし、訪れる一番の理由は、縁結びの神様がいるからです。

独身時代は、恋愛成就のお願いをよくしていました。出雲大社は、とても素晴らしい造りなので是非お勧めしたい観光名所の一つです。

また、日御碕という場所にも行ったことがあります。

そこには遊歩道がありウミネコなどの鳥を見ることもできました。

白い灯台もあったのが印象に残っています。

また、しじみで有名な宍道湖もありますが、一番のおすすめは、アクアスという水族館です。

規模の大きな水族館で、子供連れには最高の場所でしたよ♪

数年前にできたと思いますが、実家に帰省した際、2度ほど子供を連れていったことがあります。子供はとても喜んでいました。

島根県の名所・観光地として、実際私が行ったことのあるこのような場所は、是非皆さんにも行ってほしいと思います。

トップページへ戻る