head_img

鹿児島県の名所・観光地



鹿児島県の名所・観光地といえば西郷さん・桜島・温泉です。

どれも地元の人からおすすめをされます。

鹿児島市内中央に西郷銅像があります。これは上野の西郷さんと比べると鹿児島のほうが大きいです。

鹿児島の人に愛され続けている西郷隆盛銅像ですが、みなさん写真を道路向かいの中央公民館側から撮っています。

そのまま反対側をむくと桜島が見えますが、もっとよく見たいならそのまま東の海岸の方向に行くか、城山展望台に上がるかを選ぶとよいです。

海の近くにはドルフィンポートという施設があり、桜島を眺めながら食事も楽しめて良かったです。

また、城山展望台には近くの周遊バスシティビュー号に乗って行けます。

鹿児島市街地を望みながら見る桜島は雄大で素敵でおすすめです。

ただ、灰には本当に困ります。

目に入らないようにサングラスを、口に入らないようにマスクをし、晴れているのに傘をさしている友人の姿にびっくりですが、そうすることがおすすめです。

また、鹿児島市内の銭湯は温泉なのにもびっくりで、安くていいお湯に満喫できたのがよかったです。


画像


鹿児島県の名所・観光地で感動したのが桜島です。

ありきたりと言われる方もいると思いますが、実際に桜島に上陸して噴火の瞬間を見た感動は今でも忘れられません。

まず桜島で生活している人がいることを知りませんでした。

船で上陸することになりますが、着くとすぐにコンビニとガソリンスタンドを発見しました。

それは、ここで生活をしている人たちがいることを実感できた瞬間でもありました。

そして桜島と共に生活をしていることを所どころで見ることができます。

それは、噴火と共に降り注ぐ灰や石から身を守るための避難所や泥流のための側溝です。
さらに降り注いだ石により穴の開いた廃屋などを見ることができます。

桜島へは登ることができませんが、碑のある場所まで行くことができます。

そこでは降り積もった灰を触ることができ、土産物屋では桜島の名物である大根が飾ってあります。

そして運が良ければ、桜島の噴火の瞬間に立ち会うことができます。

ドンッという音とともに噴煙が上がります。

そして噴煙の下からサーッと降灰してきますが、普段見慣れない光景に圧倒されていると、灰を被ることを地元の運転手が教えてくれます。

桜島を見ながら、風に流されされてのびていく噴煙を見ることができます。そして乗っていたバスに灰が降り積もっていることで、噴火したことを実感できます。

鹿児島県の名所・観光地で感動したのは、桜島の噴火の瞬間に間近で立ち会えたことです。

鹿児島には多数の離島があります。その中継基地が鹿児島空港。

離島に行く際に少しでも時間があるのであれば、市内も非常に歴史ある楽しい場所です。
一度体験してみてくださいね^^

トップページに戻る