head_img

茨城県の名所・観光地



茨城県は首都圏からほど近く、北関東の中でも山と海の両方の恵みが楽しめる県として知られています。

その中でも茨城在住の私がおすすめする名所・観光地は大洗です。

今回は、家族で何度も訪れている大洗での観光体験談について書きたいと思います。 

大洗での目玉スポットといえばやはりアクアワールド大洗です。

10年ほど前に大洗水族館が改修され現在の建物になりましたが、ここはいつ訪れても展示に趣向を凝らしてあり大変楽しめます。

子供が小さい時から訪れていますが、子連れに優しい設備が整い、安心して長時間楽しむことができるのです。

水族館を楽しんだ後は、近隣のアウトレットで買い物を楽しむのが我が家のお決まりのコースです。

アウトレットでは有名ブランドのアイテムが格安で入手できますし、施設内のアウトレットで海産物を買うのが何よりの楽しみなのです。

時には、海沿いの旅館に家族で宿泊することもあり、これからもまだまだ訪れたい名所がたくさんあるのです。

このように、大洗は私たち家族の思い出には欠かすことのできない観光スポットなのです。


画像

茨城県には数々の名所があるのですが、お寺や神社なども歴史の古いものが多いです。

大洗にある磯前神社は、目の前に広がる絶景!

そして歴史ある船の神社として近隣の方の信仰を集めてきました。

鹿島にある鹿島神宮の名前を知らない人はいないでしょう!

武芸の神様として有名であり、あの有名な剣術使いも江戸時代に参詣したとたくさん記録が残っています。

今でも柔道選手がよく利用しているようですね。

鹿島神宮には要石というものがあります。

古来日本には自信の原因は地中にいるナマズが原因と言われており、ナマズをおさえるために大きな岩を地中に置いたと言われています。

この要石。一部だけが地上に出ており、あの有名な水戸黄門が7日7晩掘ってみたのですが全体像が見えないくらいの大きな岩だったそうです。

このように茨城県は観光しに行くスポットが無数にあります。

日帰りも可能なエリアですから、何度も足を運んでみてくださいね^^


画像


茨城県には水戸藩が庶民のために作り開放した偕楽園があります。

秋口の紅葉もきれいなことで有名なのですが、特に有名なのは春先の梅林です。

普段は電車も止まらないのですが、春だけは普通電車が偕楽園駅に止まり観光を手助けしてくれます。

園内は古の決まりをそのままに基本的にすべて無料。一箇所だけ有料のスペースがありますが特に梅とは関係のないエリアなので入りたくない方は無料で一日遊べます。

副将軍家が作った庭園である偕楽園。

所狭しと植えられた梅の花は本当に見事で、春先にすぐに散ってしまうサクラに比べてしっかりと咲きほこり、サクラより少し早く咲く梅は本当に素晴らしいの一言ですね^^

水戸駅からすぐの場所ですので、茨城に来たら是非寄ってみてくださいね(・∀・)


画像


茨城には日本3大瀑布の一つと言われている袋田の滝があります。

袋田の滝は全部で4段に分かれている滝になります。

2010年くらいまでは有料の展望台に登っても3段目までの高さでした。
それが、2012年に新しい展望台が完成して4段目も見えるようになりました!

以前に袋田は行ったよという方も、今までとは違う袋田の滝がありますので是非また見てみてくださいね^^

袋田はこんにゃくが有名ですね

昔は本当に貧しい村でこんにゃくしか作れなかった名残と聞きましたが、見事現代では最高級のこんにゃくを作るようになりました。

イワナやアユの姿焼きを食べたり、名物のこんにゃくを食べる観光も悪く無いと思います。

付近に温泉もたくさんありますので是非遊びに行ってくださいね^^


トップページへ戻る